STEP 1

制服が「レンタルできる」って知っていましたか?

制服レンタル必要度 まるわかりチャート

制服(ユニフォーム)着用者が社内に10名以上いる。

制服(ユニフォーム)の仕分け・発注・在庫管理が面倒。

制服(ユニフォーム)の保管場所に困っている。

今まで2~3年は同じデザインの
制服(ユニフォーム)を支給してきた。

制服(ユニフォーム)が必要な拠点が
2拠点以上ある。

派遣社員や契約社員にパートが多い。

必要なときに都度購入するより、
あらかじめ備えておきたい。

従業員の入社・退社の
入れ替わりが激しい。

制服(ユニフォーム)を更新したいが、
一度に大きな予算確保が難しい。

レンタル必要度

20%

レンタルの必要性は低いようです。

購入タイプの方が、トータル的にコストが安価になり、人員増減の際に必要なものを必要な分だけ買うのがよさそうです。

レンタル必要度

60%

レンタルの必要性は高めのようです。

レンタルを視野に入れながら、まずは、現状のユニフォーム管理にかかっている手間や時間、人員の確認をしてみることをおすすめします。

レンタル必要度

80%

レンタルの必要度はかなり高いです。

レ ンタルと購入タイプのメリット&デメリッ トを確認し、かしこく経費削減と見えない経費のコストカットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

STEP 2

レンタルが利用できる条件は?

※参考例:スタッフ10名様

サービスタイプ

商品レンタルサービス

対象商品

オフィスユニフォームカタログ「Selery」掲載商品

※次期廃盤予定商品は除く

契約期間

3年~5年

レンタル基本セット数

【一人あたり】
ジャケット1枚│ベスト2枚│スカート2枚│長袖ブラウス3枚│半袖ブラウス3枚

料金

諸条件により変動しますので、詳しくはご相談ください。

STEP 3

レンタル制服(ユニフォーム)の人気の理由

簡単管理

ユニフォームに関わる業務をアウトソーシングすることで業務の手間を 削減できます。

入退社にともなう管理業務時間

FAXのみ

  • 在庫の充当、補充の手間削減
  • 入退社に伴う制服管理はFAX連絡だけで完了。

コスト面

月々の着用人数でのご請求、経費の平準化ができます。さらにレンタル 料金は必要経費として処理できます。

サイズ交換・消耗交換・修理

0

  • 経費の分散化
  • 余分な在庫の購入費削減
  • 自社廃棄費用不要 (ユニフォームは産業廃棄物です)

イメージ
アップ

3年毎に新しいユニフォームへ更新。キレイなユニフォームは皆様のモチベーションアップ、また会社のイメ ージアップにもつながります。

最新モデルの購入費用

0

  • 更新時、最新モデルに変更可能
  • 追加発注、交換の際もメンテナンス した清潔な商品をご用意

レンタル制服(ユニフォーム)のメリットは?

  • レンタルなので、一括購入費が不要!初期費用を抑えられます。
  • 煩わしい管理が不要!制服(ユニフォーム)に関する管理業務を全て外注できるので人件費の削減にも繋がります。
  • 企業のイメージアップになります。契約更新時に新作ユニフォームに入れ替えることはもちろん、デザインの変更も可能です。
  • パートタイム、派遣社員、契約社員など様々な雇用形態にもマッチング!融通が利きます。

レンタル制服(ユニフォーム)のデメリットは?

  • 短期間だけ着用する場合は、購入タイプに比べてトータルコストは高くなります。
  • 契約を中途解約する場合に、未償却費を支払わなければなりません。
  • 契約満了するまで、モデルチェンジができません。
  • 契約満了時や解約時には、使用可能なものでも返却しなければなりません。
  • リユースを前提としておりますので、製品を補正することはできません。
  • 支給枚数には、下限があります。(ベスト・スカート各2枚・ブラウス3枚 以上が原則)

STEP 4

購入タイプの制服(ユニフォーム)のメリットは?

  • レンタルと比べるとトータル的にコストが安価になります。
  • 細かい契約が無いので、購入がカンタンです。
  • 人員増減が少ない時、その都度に応じた数量の購入で済みます。
  • 好きなタイミングで、モデルチェンジが可能です。
  • 補正ができます。

購入タイプの制服(ユニフォーム)のデメリットは?

  • 購入の際、まとまった初期費用が必要となります。
  • ユニフォーム管理業務の負担がかかります。
  • 破損や修理、ほころびの補修費用がかかります。
  • 破棄をする場合、処分費用がかかります。(ユニフォームは産業廃棄物です)
  • 新入社員分、消耗購入などの追加費用がかかります。

STEP 5

制服(ユニフォーム)レンタルシステムの流れ

お客様

入退社のFAXのご連絡

月々分割にて着用者のみお支払い

サイズ交換・消耗交換・修理依頼 ユニフォームのご返却

ユニフォームお届け

北日本白衣株式会社

ユニフォームメーカー

①レンタル導入前

●商品選定・決定
●商品サイズ集計

②レンタル導入後

●入退社の連絡
●サイズ交換・修理依頼
・消耗交換
●支払い処理

③契約終了時

●商品の返送

STEP 6

制服(ユニフォーム)レンタルの料金体系は?

  • 初回導入分
  • 予備在庫
  • 管理費
  • ÷
  • 契約月数

月額レンタル料金

月額レンタル料金

  • ÷

契約人数

お一人様の
月額レンタル料金